スポンサードリンク



梅雨時に蓋を開けると、いや~なにおいがしてくるのが洗濯機ですよね。

我が家の洗濯機もそうなんです。

湿気が多かったり、外干しできなかったりすると、洗濯してもなんとなく衣類にいや~な臭いが残ったりして・・・。

そこで何とかすっきりしなくてはと思い、洗濯機の簡単な効果のある、掃除の仕方のコツを調べ実行してみました。

あるわあるわ、目に見える汚れがけっこうあるんですね。

洗濯機のカビ・汚れを除去する方法

洗濯した後の洗濯機は、湿気がこもりがちで、雑菌が繁殖しやすく、カビも生えやすい状態になります。

また、たとえ衣類を洗って乾かしたとしても、なんとなく臭いが気になることがあります。

その多くは、雑菌が残っている場合が多いですよ。

スポンサードリンク



清潔に保つその洗濯施術は

まず確認すべき第一は洗濯機の汚れです。

見た目にはきれいでも、洗濯槽の裏側にカビが生えていることがあります。

まずしなければならないことは、洗濯槽の掃除をおすすめします。

その際には、日用品メーカーや洗濯機のメーカーなどが販売している専用クリーナーを利用するといいでしょう。

ぬるま湯を高水位まで張ってクリーナーを溶かし、数時間放置する。

重曹を使ってもいいでしょう。

洗濯機を「洗い」「すすぎ」「脱水」まで運転させて洗いましょう。

機種によっては、洗濯槽の洗浄コースが設定されているものもあります。

本来は、3か月に1回くらいのペースで掃除することが望ましいでしょう。

下記の画像をご覧ください。

 

洗濯機の汚れで見落としがちなのは、糸くずを集めるフィルターや、洗剤や柔軟剤などを入れる投入口です。

たまった糸くずをこまめに取り除くのはもちろん、フィルター部分の黒ずみや、投入口付近に溶け残った洗剤が、ぬるついていることにも注意をしてください。

取り外せる部分は取り外して掃除し、取り外せない部分は歯ブラシや布で拭くようにしましょう。

洗濯槽の縁もホコリがたまりやすいです。

また洗濯槽の裏側は、掃除がしにくいので、高水位まで張った水の中に漂白剤などを多めに入れ、30分ほどつけて置き洗濯槽をまわしましょう。

私は半年に一回はこれを実施し、臭いやわかめになった汚れを取り除いています。

これによりかなりの効果を発揮することができました。

洗濯物の湿気取り

さて洗うために脱いだ衣類はどうしていますか。

案外、衣類を洗濯機の中に入れ、次洗うまで放置していませんか。

洗うために脱いだ衣類にも気配りしたいものです。

湿度の高い梅雨時は、汗で汚れた衣類を放置しておくと、菌が繁殖しますので気をつけましょう。

基本的な考え方

  1. 湿気を取り、菌の繁殖を抑えること
  2. 脱いだ衣類をそのまま洗濯機に入れ、蓋をして洗濯時までためないこと
  3. 洗濯した後、洗濯機の蓋は30分ほど開けておく
  4. 汚れた衣類はこまめに洗う

まとめ

梅雨時は湿気が多く、外干しできないので気持ちもうつうつしてすっきりしませんよね。

それにコインランドリーに乾燥だけ行こうと思っても、時間がないし面倒ですよね。

しかし普段から洗濯が終わった時点で、槽の縁のホコリ、糸くずがたまるフィルターを、その都度拭き取るようにすると、気持ちよく洗濯ができますよ。

そして6か月に一度は、洗濯槽の裏側を重曹もしくは漂白剤を入れ、洗濯する手順で洗い、湿気をとるようにしましょう。

スポンサードリンク