3月8日将棋の中学生棋士藤井聡太六段(15)は、関西将棋会館で王将戦1次予選2回戦で、師匠の杉本昌隆七段(49)とはじめて対戦して勝利を果たしました。

プロになってわずか1年4か月で、最年少史上初の六段になっています。

中学生棋士になったのは、藤井聡太六段を含めて加藤一二三九段(78)、谷川浩司九段(55)、羽生善治竜王(47)、渡辺明棋王(33)の5人です。

しかも藤井六段は14歳2か月で4段になり、加藤九段の14歳7か月という記録を塗り替えています。

もうすごいとしか言いようがありません。

今回、師匠の杉本七段に勝利したことによって、今春いよいよ七段も目の前ではないかといわれています。

ではその将棋の昇段するための仕組みを調べましたので、ご覧ください。

スポンサードリンク



 

将棋界の昇段するための条件

ところで将棋界での昇段するための条件とは、どのようなものでしょうか。

下記の昇段するための、主な昇段条件をご覧ください。

 【藤井聡太六段の今後の昇段予定】

堅実な主な昇段手段

将棋界での主な昇段手段として、1.▶公式戦勝利数2.▶棋戦最高峰の竜王戦成績3.▶名人戦の予選リーグ・順位戦の成績4.▶タイトル獲得・挑戦5.▶全棋士参加棋戦、での優勝の五つの昇段手段があります。

一番堅実なのは勝ち星を重ねることですが、この方法だと五段に昇段するためには最低810勝しなければなりません。

これだと相当の年数がいることから、他の規定を満たす方が早く昇段できることになります。

勝ち星以外でも早く昇段できる方法

早く昇段できる方法

  1. 竜王戦はランキング戦(1~6組)最上位の1組昇級やタイトル挑戦で七段
  2. 竜王1期で八段
  3. 2期で九段
  4. 名人は1期で九段
  5. 他のタイトルは1期獲得で七段

藤井六段のこれまでの昇段理由は?

四段プロ入り:2016年10月1日

五段に昇段した理由:2018年2月1日級 1組昇級で名人戦の順位戦の好成績によるもの

六段に昇級した理由:2018年2月17日朝日杯優勝で全棋士参加棋戦優勝によるもの

将棋界の段位はその人の実力と同じ?

段位は結果を残した証ですが、四段や五段で高段位社に勝ったり、優勝したりするのは珍しくないようですよ。

日本将棋連盟常務理事の脇謙二八段(57)は「段位は必ずしも棋士の現在の実力を反映するものではない」と説明しています。

一般的に棋力の全盛期は若い時だそうですよ。

一度上がった段位は下がることはないそうで、九段であっても、伸び盛りの若手棋士に負けることもしばしばあるとのことでした。

以前は昇段は年1回だったそうで、今は複数回の昇段が認められ、より実力が段位に反映されるようです。

また、竜王戦ではタイトル挑戦や獲得で「飛びつけ昇段」することも可能となっています。

藤井六段の今後七段になる予定は?

短期間で続けて昇段するのは、ごくまれなことだそうです。

藤井六段の場合、2月1日に五段に。

2月17日に五段を数日で六段と、超驚異的に昇段しています。

これから、今春に予定されている5組決勝に進出すれば、来期の4組が確定し、「2期連続昇級」の規定で七段に昇段する可能性があります。

藤井六段によると、結果を出せば自然と昇段できるそうです。

藤井六段曰く。

「大きな舞台で結果を残すことができるよう頑張っていきたい」と、控えめに語っていました。

まとめ

「見事」としか言いようがありませんね。

これからも将棋界での記録を塗り替えていくのでしょうが、若いうちにどんどん才能を伸ばしていってほしいものです。

彼の存在だけでも、年齢にかかわらずみんなの「力」となり、「頑張ろう」という気にさせてくれるでしょうから。

これからも記録更新が期待されるだろうから、ますます目が離せないですね。