将棋の藤井聡太四段(15)が10月1日でプロ入り1年を迎えます。

史上最年少の14歳2か月でプロ棋士となり、デビュー後は前人未到の29連勝を記録しましたよね。

その活躍は社会現象にまでなりました。

現に私なんかは、全然将棋のことを知らなかったわけですから、将棋の世界がここまで奥深かったなんて、チョッとびっくりです。

しかしこうしてみると、藤井聡太四段のおかげで将棋の世界のことを調べさせてもらい、私も飛躍の1年になりそうです。

では彼の今後の未来への挑戦を、予想してみましょうか。

藤井聡太四段の未来への挑戦

10月より、いよいよ第26期「銀河戦」が開幕しますよね。

全棋士と女流棋士2名、アマ4名が8つのブロックに分けられ、各ブロックでパラマス式トーナメントを行います。

んっ⁇、ところでパラマス式トーナメントって初めて聞くんだけど、詳しく教えて!

パラマス式トーナメントとは?

それでは下記の(※1)をご覧ください。

極端に山の偏った勝ち残り式トーナメントのことをいうのですが、強い棋士ほど後に登場するため、勝つたびに立ちはだかる壁が、高くなっていきます。

なので、かなり厳しい戦いとなりますね。

しかし厳しいからこそ、藤井聡太四段にとっては、やりがいのある挑戦となることでしょう。

▲本棋戦は、将棋棋戦では珍しいパラマストーナメントで行われます。ブロックごとの最終勝ち残り者と最多勝ち抜き者が、決勝トーナメントに進出する仕組みになっています。

藤井聡太四段史上初8大タイトルを制することができるか!?

下記は、数多くあるプロ棋戦の中で、最も権威ある「タイトル戦」です。

中でも「竜王戦」は最高峰といわれています。

今回今年5月、新たに「叡王戦」が昇格し、8大タイトルに加わりました。

藤井四段の空前の活躍は、一般の方々の将棋界への注目が高まっていますね。

これまでの藤井四段の記録を挙げてみました。

  • 詰将棋解答選手権三連覇
  • 四段昇段最年少記録14歳2か月
  • 史上最年齢差対局に勝利 加藤一二三九段との対局(年齢差62歳)
  • 史上初!公式戦29連勝

藤井四段の将棋界の稀なる特徴とは?

AI世代の申し子ともいわれる藤井四段の特徴とは・・・。

  1. 「ミス」が少ない 序盤・中盤・終盤にわたり、隙のない指し回しで、相手を追い詰めていく。
  2. 「チャンス」を見逃さない 終盤の寄せに定評があり、こことばかりにチャンスを見逃さない。
  3. 藤井四段独特の「クセ」がある 藤井四段が対局中に相手をチラ見する「藤井ニラミ」は、自身が優勢と判断している印。

これまで将棋界歴に残る「中学生棋士」でプロ入りした棋士は?

超一流は、早熟のようで、昨年プロ入りした藤井聡太四段を含めて5人である。

これまで中学生で四段に昇段した棋士は、全員がタイトルホルダーになっています。

ではその5人とは?

<歴代中学生棋士>

棋士名(年齢) プロ入り年齢  獲得タイトル


藤井 聡太(15歳) 14歳2か月
加藤一二三(77歳) 14歳7か月 通算8期
谷川 浩司(55歳) 14歳8か月 通算27期
羽生 善治(46歳) 15歳2か月 通算98期
渡辺 明(33歳) 15歳11か月 通算19期

 

藤井聡太四段:史上初8大タイトルを制するのは?【華やぐ美V1】まとめ

藤井聡太四段が、中学生プロ棋士になって1年になりました。

あっという間に時が刻まれたという感じです。

いえいえ、藤井聡太四段だけではありません。

私にとっても、目まぐるしい勢いで新しく移り変わろうとしています。

しかし何といっても、目の前の出来事に対して、全力を尽くして前へ進むということなんですよね。

後ろを振り向かない。

前へ前へ進むしかないのです。

そういう中で、新たな問題や課題が出てき、それらを一つ一つクリアしていき、一歩一歩前進していくんですよね。

彼はまだ15歳!

まだまだ未知の世界があります。

記録更新が・・・・!