青のグラデーションが魅せる”アジサイの海”、京都舞鶴市の北東にある大浦半島の自然公園。

ここは里山の自然とのふれあいや自然鑑賞の場として親しまれ、京都舞鶴市では有数のアジサイの名所となっております。

毎年開花時期になると、舞鶴湾を望む谷間を埋め尽くすアジサイを見に、各地から多くの人々の来園者で、にぎわいをみせているんですよ。

では、2018年の舞鶴自然文化園のあじさいの開花や見頃など、周辺観光スポットなどをご紹介します。

 

舞鶴自然文化園アジサイまつりの観光スポット

 

雨の日だって楽しめる観光スポットは?

舞鶴自然文化園のアジサイ園は、約100品種・10万本のアジサイで埋め尽くされるんですよ。

鑑賞デッキからは鮮やかな水色や青、赤紫の花々が見渡す限り広がり、ため息がもれる美しさのアジサイが一望でき、「アジサイの海」と称されるのもうなずけますね。

その眺めは超圧巻で、梅雨時期だけのアジサイの光景を一目見ようと、多くの人々が足を運びんできます。

また、アジサイ園のほか、展示会場へいくと、「アジサイ展」が開催され、珍しいアジサイなどが展示即売されていますよ。

あなたの心の大輪を一鉢に託してはどうでしょうか。

 

 

 

アジサイの見ごろ期間は?

【アジサイまつり開催期間】:6月中旬~7月上旬(予定)※詳細はお問合せ下さい

【開園時間】:午前9時~午後5時(最終入園 午後4時30分まで)

【開催場所】:舞鶴自然文化園

【入園料】:大人300円/小人150円(※20名以上=団体割引あり)

【駐車場】:無料(200台可)
住所】:京都府舞鶴市多祢寺24-12

 

【お問い合わせ】:0773-68-1187(舞鶴市花と緑の公社) ※ 開催期間は、気候などによって変更することがあります。

スポンサードリンク



 

 

【舞鶴自然文化園案内図】

舞鶴自然文化園への交通アクセスは?

車の場合

  • 大阪から舞鶴若狭自動車道で”舞鶴東IC”へ(所要 約2時間)
  • 京都から9号線丹波町 27号線で”舞鶴東IC”へ(所要 約2時間)

 

JRの場合

  • 京都から山陰本線、舞鶴線で「東舞鶴」駅まで約1時間30分
  • 大阪から福知山線、山陰本線で「東舞鶴」駅まで舞鶴線で約2時間30分

 

舞鶴自然文化園アジサイまつり2018の観光スポット見ごろは?まとめ

 

6月の雨は、なんとなくうら悲しいしっとりとした、寂しい気持ちになりますよね。

でも6月の雨にピッタリな花といえば、紫陽花です。

大雨になればなるほど、折れることなく大輪を咲かせ、街路樹のそばに誰が植えたのか、ゆらゆらと咲いているんです。

紫陽花の原産地は、日本だということご存知ですか?

梅雨の頃によく見る丸い紫陽花は、ヨーロッパで品種改良されたセイヨウアジサイだそうです。

日本で生まれ、ヨーロッパで育てられ、また日本に帰ってくるんですね。

知りませんでした。

ところで紫陽花の花言葉知っていますか。

ピンクや青、紫いろんな色がありますよね。

そんなところからたくさんの花言葉があるんですよ。

「移り気」「辛抱強い愛情」「絆」などなど・・・。

でも私は花の中では紫陽花が一番好きですね。

いろんな色を持っていますし、第一小さい花が集まって大きいし、ダイナミックですよ。

私も紫陽花のように大きい花を咲かせたいなぁー。