天理(奈良)は、延長十一回に決勝点をもぎ取り、神戸国際大付(兵庫)を下しました。

三本松(香川)は、二松学舎大付(東東京)の九回の反撃をかわし、初の8強入りしました。

明豊(大分)は、十二回死から3点差を逆転して神村学園(鹿児島)にサヨナラ勝ちしましたね。

東海大菅生(西東京)は、序盤の畳み掛けるような攻撃で、青森山田(青森)を破りましたよ。

甲子園高校野球が開幕して10日目を迎えました。

そろそろ優勝候補が絞られてきましたよ!

天理の礁井涼のシュートは、かなりの武器になりますよ。

期待できますね。

出典:読売新聞朝刊(8月19日)より

 

夏の甲子園高校野球速報!

▷ 第10日(18日)3回戦

天理 翻弄シュート 礁井フォーム変え開花する!

天  理  (奈良)01000000001  2

神戸国際大付(兵庫)01000000000  1(延長11回)

天理が延長線を制した。

十一回に山口の適時打で勝ち越し、礁井涼は1失点完投する。

神戸国際大付は二回に片岡の三塁打と内野ゴロ(記録は野戦)で追いついたが、その後の好機にあと一本が出なかった。

三本松 流れ呼ぶバント

三 本 松  (香川)000011003  5

二松学舎大付(東東京)000000002  2

三本松は五回、佐藤のスクイズで先制し、六回に下地の右前打で加点。

九回に川崎、渡辺の連続適時打などで突き放した。

佐藤は87球で完投。

二松学舎大付は九回に追い上げるも、4併殺が響いた。

明豊12回3点差逆転 2死からサヨナラ勝ち!

神村学園(鹿児島)000001013003  8

明 豊  (大分)002010200004× 9(延長12回)

明豊がサヨナラ勝ちする。

3点を追う延長十二回、菅の2点打などで同点とし、浜田が決勝の押し出し四球を選んだ。

神村学園は、九回に3点差を追いつき、十二回に勝ち越す粘りを見せたが、力尽きた。

東海大菅生 柔軟打線 想定外の投手難なく勝つ!

青森山田  (青森)000000100  1

東海大菅生(西東京)11510001×  9

東海大菅生が19安打で快勝した。

一回に片山の適時二塁打で先制。

二回にも加点し、三回は小玉の2ランなどで5点を奪い、試合を決めた。

青森山田は、七回に中沢が放ったソロだけに終わった。

夏の甲子園高校野球速報!(天理ー神戸国際大付)第10日(18日)まとめ

各校の監督の言葉

天理・中村監督

「言葉が見つからないくらい選手が頑張ってくれた。決勝打の場面で守備力のある山口は、変えられない選手だから、代打は考えず、任せた」

神戸国際大付・青木監督

「右打者が、(天理・礁井涼の)内角の球に苦しみ、チャンスをものにできなかった」

三本松・日下監督

「バッテリーが攻める投球をしてくれた。先に1点でも多く取るため、得点圏に走者を送ろうとバントを多用した」

二松学舎大付・市原監督

「併殺が多く攻撃がかみ合わなかったが、よく粘った。九回に2点挙げ、最後に嬉しいことが待っていた試合だった」

明豊・川崎監督

「延長十二回は走者を出せば何とかなると思っていた。100%を出し切ってくれた選手が頼もしい」

神村学園・小田監督

「選手は全力を出した。最後は守り切れなかったが、食いより選手への感謝しかない」

東海大菅生・若林監督

「5点取れればと思っていたが、三回は本塁打の後にも連打が出て、相手にダメージを与える点の取り方ができた」

青森山田・兜森監督

「戸田の球威に詰まらせた。相手打線は失投を逃さず、力強かった。完敗でした」