昨日の夕食の献立を、なかなか思い出せない。

約束の日時を、間違えるようになった。

有名人や友人、知人の名前を、思い出せそうで思い出せない。

いつの頃からかな、こんな些細な事で思い出せないことが多くなっている、自分がいるんですよね。

このまま年齢を重ねていったら、いずれは認知症にならないかしらと、不安になったことありませんか。

ここではそんな悩みを解決するための、普段の予防習慣をお伝えしたいと思います。

アルツハイマー型認知症の原因/脳のゴミとは

アルツハイマー型認知症は、脳に溜まった”ゴミ”が原因といわれています。

ではその”ゴミ”を取り除けば発症を防げるのでしょうか。

認知症にならないための、日常の生活にどのように暮らしたらいいのか、調べてみました。

スポンサードリンク



認知症の種類と割合

認知症は、脳の細胞が死滅したり、働きが悪くなったりしたために、日常生活に支障をきたした状態を言います。

上記円グラフは、認知症の種類とその割合を示したグラフです。

この中でやはりアルツハイマー型認知症が一番多く、次に脳血管性認知症、前頭側頭型認知症と続いています。

アルツハイマー型認知症の発症メカニズム

私たちの脳内では、アミロイドβの産出と分解が常に繰り返されています。

そのバランスがとれていれば問題ありません。

ですが、加齢などもともとの体質などが加わり、分解能力が低下していくと、アミロイドβ(ゴミ)だけが残る形になっていきます。

そこで、脳の神経細胞の外側に、アミロイドβが蓄積されていきます。

蓄積したアミロイドβが、神経細胞に作用すると、神経細胞の骨格を作るタウタンパク質が、リン酸化と反応を起こします。

タウたんぱくは、細胞の機能の形態を維持する働きを持っていますが、リン酸化するとゴミのような状態になり、神経細胞が死滅して脳が委縮します。

そこで、アルツハイマー型認知症を、発症させるというメカニズムになっていきます。

生活習慣病と認知症の発症リスク

アミロイドβがたまり始めてから、アルツハイマー型認知症になるまでには、約20年かかるといわれています。

なので、40~50代からアミロイドβの蓄積が、始まっている恐れがありますので、認知症の発症を抑える生活習慣病を改善することが大事です。

生活習慣病4つの病名

  1. 糖尿病
  2. 高血圧
  3. 脂質異常症
  4. 肥満

これらの生活習慣病を改善することで、脳のゴミを除去したり、たまりにくい状態にすることができますよ。
ではその対処法は。

スポンサードリンク



認知症予防効果のある9つの習慣

認知症を遠ざける9つの習慣をあげます。

  1.  日常の生活の中で有酸素運動を取り入れる
  2.  一日3食、バランスよく食べ、血糖値は低めにキープするようにする
  3.  筋肉をしっかりつけて、転びにくい体にする
  4.  お酒はほどほどに、喫煙は厳禁
  5.  自分の歯は、15本以上は残すようにする
  6.  生きがいを作り、いくつになってもときめきを持つ
  7.  ぐっすり眠って脳内のゴミを除去する
  8.  仲間とのコミュニケーションで、脳を活性化する
  9.  薬の副作用にも注意する

認知症を誘発しやすい薬

  • ベンゾジアゼピン系の抗不安薬や睡眠薬
  • パーキンソン病の治療に使われる抗コリン薬
  • 風邪薬やアレルギーの薬に含まれる抗ヒスタミン薬
  • シメチジンなどの一部の胃潰瘍薬(胃腸薬)
  • ステロイド薬
  • 抗うつ薬

認知症の原因疾患の種類とその割合は?脳のゴミとは?まとめ

健康長寿で長生きしようとするならば、やはり日常の運動と食事だと思うのですよね。

そこが基本であって、そこから健康管理をしていくと、長生きできるかなと思いますね。

今まで健康のことをブログに書いていますが、年齢に合った運動を、地道にコツコツ実行していくと、いつの間にか鍛えられていくんですよね。

朝のラジオ体操でも、毎日習慣づけていくと、体が自然に欲してくるんですね。

私も6時半から毎日公園でラジオを囲って10分間ですが、みんなで運動しています。

朝、だんだん暗くなっていきますが、仲間もいますし、体の調子もいいですね。

認知症なんてどこ吹く風!

頑張っていきましょう!

スポンサードリンク