後々の人生にかかわる重大な試験というものは、どんな試験であっても緊張するものです。

ですが卒検は公正を規して、教官と他の同乗者2人と本人、合計4人での実施試験となります。

教習所で習った技能を普段と変わらずに冷静になって臨むと、案外同乗者の2人もあなたと五十歩百歩の力量ですので、心配することはないと思いますよ。

私事で恐縮ですが、私は一度卒検を落ちました。

しかも試験コースに入る前に少し運転してスタートするのですが、教官がいきなり「はい!そこまで」といわれてしまい、もうびっくり仰天です。

私は何が何だかわからず、教官は下りてなにか確かめていましたね。

停止線をタイヤが数㎝踏んでいたのです。

私はその時、「いやーっ、ほんのちょっとですよ、堪忍して見逃してください ・´д`・。。。。」と、必死になって頼んだのですが、ダメでしたね。

とうとう試験コースも走らず、不合格になり、後ろに乗っていた2人の青年は合格でしたね。

どういう訳か、車内は教官も2人の青年もなんとなく笑いを押し殺していて、目に笑みがあるんですよね。

私も一時は落ち込んだものの、次の日に再挑戦して昨日の繁華街と違い、のどかな田んぼ道が多いところだったので、走りやすくて合格となりました。

路上が終わると、今度は教習所の中を走るんですが、駐車場に入れるのが難しかったですが、何とか合格しましたよ。

ちなみに私は合宿でしたので、再検定料はいりませんでした。

なので、皆さん合宿の方が無難でずっーとお得ですよ。

安心して運転できました。

では頑張っていきましょう。\^0^/

スポンサードリンク



卒検で特に注意しなければいけない減点項目

卒検では一般課題と教習所内での方向転換・縦列の課題があります。

一般課題は検定員の指示に従い、決まったルールで決まったルートを走行します。

次に路上での検定が終わったら、教習所内で方向転換(右バック・左バック)縦列駐車があります。

この2つの課題で、持ち点100点から減点方式で合否が決まります。

では始めて行きましょう。

減点される主な項目のポイント

■ 車に乗車する場合

※ ルームミラーなど確認する場合、動作は大げさにすることが大事です。

  • 車の後ろを通り、車の前方死角部分を見る
  • ドアを開ける前に後ろを見る
  • 後ろから車が来ていなければ、ドアを開け、素速く乗り込む
  • シートを合わせる
  • シートベルトをする
  • ルームミラーを合わせる
  • ドアミラーを確認する(合っていなければ調節する)
  • サイドブレーキが引いてあるか確認
  • ギアをニュートラルに(ATの場合はPになっているかどうか確認する)
  • クラッチとブレーキ(ATの場合はブレーキ)を踏む
  • エンジン始動

■ 慣らし走行する場合(ただし、この場合は失敗しても減点されません)

  • まず右にウインカーを出す(発信しますよという合図)
  • 左後ろから右後ろまで周りをぐるっと確認する
  • 車が来なければ落ち着いて発進する
  • 100mくらい慣らし走行する

■ 本運転走行(慣らし走行と同じ)

  • 発進の合図で右にウインカーを出す
  • 左後ろから右後ろまで周りをぐるっと確認
  • 車が来なければ落ち着いて発進する

■ 進路変更

  • ルームミラー、合図、ドアミラー、目視で確認をしっかりする
  • 駐車車両、障害物あった場合は、なるべく早くみつけてよける

■ 右左折する場合

  • 右折中央線から50cm以内、左折道路の端から1m以内から離れすぎないように、歩道に乗り上げたりしないこと
  • 右折時はちゃんと中心まで出、一般車と同じような曲がり方をしないように
  • 10km/h以下でしっかりと徐行する
  • 左折時は、巻き込み確認する

■ 坂道発進する場合

  • サイドブレーキは使っても使わなくてもいいです(自分のやりやすいように)

■ 踏切を走行する場合

  • 停止線で止まって右、左、窓を開けて音を聞く
  • 踏切上では変速をしない(MTのみ)
  • 中央寄りを通常通り通過する

■ 一時停止場所の場合

  • 止まって0km/hにする
  • 一瞬止まっただけではいけません きっちり2~3秒止まって左右確認する事

■ 歩行者保護確認

  • 信号機のない横断歩道に渡りたい人がいたら必ず止まる
  • 渡りたい人などをしっかりと見抜く事

■ 見通しの悪い交差点の場合

  • 必ず徐行する
  • 体を前のめりにして、車が来ないかどうか確実に確認すること(車が来たら停止!)
  • 状況がよければ発進(いつまでもおろおろしないこと)

■ 停車場所

  • 幅0,75m以下の路側帯は入らない
  • 幅0,75m以上ある路側帯の場合は路側帯に一部車体を入れ、0,75m以上開けて止まる。ただし、路側帯に入る前に一時停止を忘れない事、一発不合格になります
  • 歩道がある場合は歩道まで寄せる
  • 歩道も路側帯も無い場合は、道路の左端まで寄せる

■ 降車

  • ウインカーを消す
  • サイドブレーキを引く
  • ギアをバックにする ATの場合はPに
  • エンジンを切る
  • クラッチを離す ATはやらない
  • ブレーキを離す
  • シートを下げる
  • シートベルトを外す
  • 後ろを見る
  • 車いなければドアを10cm程開ける
  • 空いた10cmからもう一度後ろを確認
  • 車がいなければ素速く降りる
  • ドアを手で優しくしめる
  • 車の後ろを通って帰る




卒検項目の減点点数

乗車時

〈5点減点〉

  • ハンドブレーキを戻さない
  • 運転姿勢が悪い
  • 発進の合図を忘れる

〈10点〉

  • シートベルトをしない

走行中

5点減点

  • 右左折方法を誤る
  • 下り坂でクラッチを切って走行(エンジンブレーキ使わない)
  • AT車 クリープ現象で0.3m以上動く
  • 車輪が縁石歩道に接触
  • 狭路(S字・クランク)外での切り返し
  • 同一狭路での2回目以降の切り返し(3回で10点4回で中止)

特5点減点

  • エンスト
  • 発進手間取り
  • 進路変更の合図をしない
  • ブレーキの掛け方が強すぎる

10点減点

  • 0.3m以上0.5m未満の逆走
  • ふらつき小
  • 路側帯に進入
  • 速度加速指定区間での加速不良
  • 交差点で安全確認していない
  • 踏切で窓を開け右左折の安全確認をしない

20点減点

  • 縁石などに乗り上げて走行し1.5m未満で停止
  • 障害物に軽く接触
  • ふらつき大
  • 0.5m以上の1m未満の逆走
  • 移動しているものとの間隔不十分
  • ブレーキをかけながらカーブに入る
  • 徐行違反
  • 進行方向別通行区分違反

検定中止

  • 青信号の間停止
  • 安全地帯に進入
  • 1m以上の逆走
  • 追い越し禁止違反
  • 同一場所でのエンスト4回
  • 縁石などに乗り上げ1.5m以上の走行
  • 歩行者や建造物に接触するおそれがある
  • 後車の妨害をする
  • 信号無視
  • 右側通行
  • 踏切で前で一時停止しない

停止時

5点減点

  • 駐車時にハンドブレーキをかけない

10点減点

  • 道路の左端から0.3m以上離れて駐車

スポンサードリンク




 

車校の卒業検定試験で減点される主な項目のポイントは?まとめ

いかがでしたでしょうか。

卒検は教習所で習ったことを、確実におさらいしていったら、合格すること間違いないです。

縦列駐車もゆっくり一つ一つこなしていったら、大丈夫ですので慌てずにしっかりやっていきましょう。

次は、本免の学科試験になりますので、ちょっとしたコツをつかんで勉強しましょう。