姉に誘われて、神戸ルミナリエに行ってきました。

この歳になって大勢の中で、人疲れするのではと思い控えていたのですが、それもなんのその。

警備の方や、ボランティアの方々がきちんと整備され、人に酔うこともなくスムーズに流れ、素晴らしい体験をさせていただきました。

こんなに圧巻な神戸の風物詩に出会えて、生きていてよかったなぁーと、感動しましたよ。

行って見る価値は充分にありますので、魅惑の世界へと皆様をお誘いしたいと思います。

 

スポンサードリンク



夢灯す、光の彫刻・神戸ルミナリエ

今年の電球数は、約51万個で史上最多だということです。

想像もつかない数ですが、今年最大の神戸の冬の風物詩として、皆様にもお出かけしてほしいですね。

作品テーマは「共に創ろう、新しい幸せの光を」

では会場までのMAPや点灯時間など、詳しく記したいと思います。

神戸ルミナリエ2018への詳細

■会場:旧外国人居留地および東遊園地

■交通機関:阪急電鉄三ノ宮駅下車・北西に向けて元町の方向に800m歩いて行くと案内の人が、整備しています。

■交通機関:JR元町駅下車すぐ 阪神電鉄元町下車すぐ

MAP

 

 

■点灯期間:2018年12月7日(金)~16日(日)

■点灯時間:月~木18:00~21:30 金18:00~22:00 土17:00~22:00 日17:00~21:30

■お問合せ:神戸市イベント案内・申し込みセンター

☎078・333・3372(8:00~21:00・年中無休)

一つ目のドームは、初めて訪れる人にはまさに圧巻の電飾の数です

 

目をみはる二つ目のドームです

 

この場所は最後のステージで、異国を思わせるような神秘感、素晴らしいの一言!

スポンサードリンク



まとめ

毎年、テレビで流される神戸のルミナリエをみて、行きたいと思いながら人に酔うのでは、と勝手に思っていたのですが、まったくそうではありませんでした。

こんな素晴らしい近代的なスケールの大きいアートを直に見ることができ、今までいかなかったことが、もったいなく感じたものです。

掲載した写真は歩きながら撮影したので、ぶれてしまいましたが、しかしスマホ片手に写せるだけ写してきました。

いままで一眼レフのカメラを持ち、ぶれないようにと気を使ったものですが、便利なスマホでフル回転です。

見終わった後は、公園の広場に立ち寄り、姉が言いました。

若い人がチーズを長~くして食べてる姿を見て、「あれが食べたい」と。

66年間一度も食べたことのないチーズドッグを買い、姉と二人で「美味しいね!美味しいね!」と言いながら、伸びるチーズを二人して顔を見合わせ、芸術の風物詩を背に、満足感満載で神戸ルミナリエを後にしました。

スポンサードリンク