スポンサードリンク



本年度アカデミー賞候補作品の一つです。

姉からいい映画があるということで誘いを受けた。

その時はちょっとのずれで行けなかったのだが、それからしばらくしてどんな映画か、友達と二人で観に行ってきた。

映画が始まると、やみくもに殴り合いの喧嘩のシーンが多かった。

う~んと思いながら観たのだが、だんだんと引き込まれていきましたね。

こんなあからさまな黒人差別が、20世紀の後半にあったんだという驚きが、信じられない気持ちで心に残りましたよ。

でもまぁ、私がこんなことを言うよりも、観てのお楽しみかもしれません。

それでは善は急げ!『グリーンブック』の予告編です。

 

スポンサードリンク



『グリーンブック』を観たあらすじと感想!

1962年頃のアメリカ南部の人種差別の出来事

冒頭にも書いたが、はじめから暗い路地裏の場面が映り、そのうち殴り合いの喧嘩が始まり、白いブラウスに血がついていて、悲惨だなぁと思った。

私にはちょっと刺激が強すぎて”観てられない“なんて!

だが、一見頭の悪そうなイタリア系のガサツなトニーが、家族の待つ家に戻ると、美しい妻とその子供たちにさりげない愛を注いでいる。

そこからである。

暴力をふるう似つかわしくないシーンから、職を失ったトニーの姿に徐々に見入ってしまっていた。

ある日、一人の黒人天才ピアニストドクター・シャーリーが、運転手を探していた。

トニーは知人のつてで、彼に逢うことになった。

行くと立派な邸宅で、召使いもいる。

部屋に入ると、観たこともない調度品が所狭しと置いてある。

そのうちアラビアンナイト風の王様ではないかと思わせるような、長身な男が現れた。

それから、二人の給料の駆け引きが始まった。

トニーの妻をもとり込んだ、双方のやり取りが実に面白い。

そうこうしているうちに二人の雇用契約は成立し、天才ピアニストのドクター・シャーリーと、ガサツなトニーの二人旅が始まった。

ここからが、この映画の見せ場となります。

これから先は、各々の感じ方があり、またこの映画のメッセージがあるので、それぞれの受け止め方があるでしょう。

なのでまず『GREEN BOOK』をご観覧いただくことをお勧めいたします。

スポンサードリンク