今年7月、105歳で亡くなられた日野原重明先生。

1世紀を生きていらした日野原重明先生。

50年なんて、あっという間の歳月でした。

人生は一度っきり。

こんなにいいことをした、こんなに頑張った、だから運気が上がるというものではありません。

が、たとえ困難な時でも、一人で落ち込まず、前を向いて明るく進むと、不思議なものでいい運に出会いやすくなるんですよ。

それによって変わる自分を発見するのは、もっと嬉しいはず。

さぁー、新しい年、人生の分岐点で明るい方向に進むことで、運を開きたいと願う方の、これからの人生のヒントになればと思います。

スポンサードリンク



これからの50代以降の「生き方上手」に役立つ名言集

「よきことを思い、よきことを行う」ようにしたら、気づけば幸せな人生になっていました。

とおっしゃる、起業家の渡邊智恵子さん。

オーガニックコットンで社会貢献!渡邊智恵子さん(64歳)

『明るい顔をしていると周囲に人が集まってくる』

私は北海道生まれの寒村に生まれ、19歳で頼れるものもなく上京しました。

そんな私がオーガニックコットンの会社を営み、30年近く事業を続けてこられたのは、自分でも「なんて運がいいのだろう」と思います。

と、おっしゃる渡邊智恵子さん。

ただ、幸運は偶然やってくるのではなく、自分で引き寄せるものだと思うんですよね。

私がいつも心掛けているのは、「明朗」なこと。

明るい人のところに、人は集まってくる。

そう気づいたのは10歳の時でした。

引っ込み思案な子でしたが、転校をきっかけに明るくしていたら、友達が寄ってきていつの間にか、多くの人の好意を受けられるようになっていました。

今は、一人でできないことも、支えあう人がいればこそ、実現できると実感しています。

いつも周囲に明るさを与えられる人でありたいですね。

日野原重明先生が残した9つの「名言」

日野原先生は、医師という立場から健康や医療について、趣味の持ち方、世界平和に至るまで、幅広い教えを伝えていました。

その中で一貫していたのは、人への信頼感と前向きな人生観でした。

「人生に手遅れということはありませんよ」とメッセージを送ってくださった日野原先生。

次の9つのメッセージをご覧ください。

1.良い習慣が備われば、その人の性質もよいものになるでしょう

アリストテレスは、日々繰り返す行動が習慣であり、意識しなくても自動的に行えるくらい習慣化されたことが、その人の性質になる、といいました。

2.私にはなお為すべきことがある

悲しみやさみしさは、胸底に湛(たた)えられていても、私はこうして一日一日を精いっぱい、激しく生きています。

3.「ありがとう」の一言は、残された者の心をも救う何よりの遺産です

地位や名誉は、死ねばなくなる。

財産も残したところで、争いの種を蒔くだけですが、「ありがとう」の言葉は、何よりの遺産です。

4.夢を実現することはあなたを強くします

夢を持ち、それに向けて努力し続けて行けば、夢は必ず叶うもの。

その時あなたは、強くなっていることでしょう。

5.人の生き方も、知恵が受け渡されて進化することができるはずです

歴史上の哲人や賢人はみな、科学技術が進化していくように、どのようにしたら精いっぱい生きられるのかを、後世に生きる私たちに提示してくれています。

6.私たちは世界に稀なる”平和の国”として

新しい日本国憲法を読んだとき、これで日本に軍隊はなくなったのだ、と世界に稀なる”平和の国”として責任を果たしていかなくては、と胸に刻んだものです。

7.許すという行動は、妥協やあきらめや後退ではありません

憎い相手もまた、自分と同じように、この世にただ一度きりの生を与えられた、価値ある存在であることに気づき、それを尊重することです。

8.健康は行動の結果です、健康は実戦の中にあるのです

病気を治すことに主眼を置く医学に、健康を期待するのは筋違い、各々が生活の中に自然に実践するしかありません。

9.あなたが自分の人生に対して大きなビジョンを抱いていこう

あなたが自分の人生に対して、大きなビジョンを抱いていれば、寄り道をしたり、間違った道を進んでしまったとしても、いつかは戻ってくることができます。

スポンサードリンク



生き方がわからない50代の半生「生き方上手の名言集」日野原重明氏 まとめ

もし生き方がわからなくなったら、一度心穏やかに座禅を組んでみてください。

そうするといいことばかりが、脳裏に浮かんできませんか。

私たちは悪いことばかりではなく、いいことがそこかしこに転がっているはずです。

おだやかな心を持っている人と、持ってない人の差は、自ずと結果が違ってきます。

運を開くことができる人は、『感謝』の心です。

感謝の心は「ありがとう」と口にすることで身につきます。

私たちが日ごろ、口にする「ありがとう」のほとんどは、人に何かしてもらったという「条件つき」です。

でもその人が存在していること自体に「ありがとう」と言えたときに、心は穏やかになります。

自然と心穏やかになったときに、「運」はあなたのそばに近づき、開けてきます。

起きてすぐに布団の上で、10秒正座してみてください。

胸に手を当て「ありがとう、今日もよろしくね」と信号を送り、自分に感謝してみてください。

素晴らしい1日が待っていますよ。

スポンサードリンク