鍋料理にビールは絶対欠かせませんよね。

あの缶ビールを開ける「プシュッ、シュワァ」という何とも言えない音の感触。

それにもまして肉をほほばるひと時は、この世で一番幸せだなぁと思える瞬間ですよね。

こんな幸せが毎日だといいなぁなんて、夢のようなことを思って・・・。

それであるサイトをいつも見ているのですが、実にうまそうにビールと料理を食べているんですよね。

私は、めったにお酒は飲まないのですが、真似したくなりましたよ。

それで、結局真似ました。

発泡酒350ml缶1個、鶏の軟骨、レモンを早速買って来ましたよ。

鶏の軟骨は、薄口しょうゆに生姜を擦って2~3分つけておき、それを片栗粉でまぶして油で揚げるんですけど、これが最高に美味しいんです。

またビールとよく合うんですよねぇ~。

調子に乗って一缶開けてしまいました。

するとどうでしょう。

しばらくすると胸の鼓動が、だんだん激しくなってきましたよ。

あぁ~、こりゃーあかんわ!

次の日は、もう二日酔いで、めちゃめちゃでした。

こんなことは二度と繰り返したくないと思いますが、いつの間にか忘れてしまうんですよね。

それで忘れないうちに、教訓になればと思い、ビールが脳に与える影響など、ちょっとショックなことですが、ご紹介したいと思います。

毎日飲むビールと脳の関係とは?その時何が起きているの・・・?

そもそもビールとは?

ビールとは、アルコール分が20度未満で、麦芽、ホップ、水を原料とし、発酵させたものをいいます。

ドイツのビールは、原材料は麦芽、ホップ、酵母、水で醸造した飲み物をビールというそうですよ。

では日本ではどう定義されているのでしょうか。

ドイツのように厳密ではないですが、酒税法上発泡性酒類に入るようですね。

ところでこんなおいしいビールの何が体に悪いの?

私があれこれ言う前に、まずは次の動画をご覧ください。

ビールと脳(脳血栓)との関係は?

のどが渇いたからといって、ビールで水分を補給できるなんて思っている人いないでしょうね。

それって大きな勘違いですよ。

水分は体内からますます減っていってます。

そのメカニズムは?

ビールは、当たり前ですが、アルコールを含んでいます。

そのアルコールを分解する為に、体内の水分が奪われ、血液の濃度が高くなっていきます。

すなわち、血管の中を水分が含まれていないドロドロとした血液が、満杯の状態で血管の壁にぶつかりながら、全身に回っていくのです。

そして脳の細い血管の中を、少量のアルコールが分解されないまま、全身に回っていきます。

その状態を毎日続けると、「血栓」ができやすくなり、血液のかたまりが出来るんです。

いくらお酒に強いからといって、毎日はいけません。

必ずお酒による失敗はつきものです。

健康な体あってのあなた。

お金があっても、好きなことがあっても、倒れたら何にもなりません。

さぁ、休肝日を増やし、ビールの量を減らしていきましょう。

辛いでしょうが、そこから始めてください。

あなただったらできます!

ビールのプリン体ってよく聞くけど、痛風とどんな関係なの?

ビールに含まれるプリン体の量をあなたは、知っていますか。

メーカーによって差はありますが、100mlにつき5から11mgの量になります。

ビールのプリン体の量は、食品全体から見ればそんなに多くはありませんが、酒類の中では一番多いでしょうね。

日本酒やウイスキー、焼酎などの酒類と比較すると、ダントツです。

なので、毎日ビールを飲むとプリン体の量は多くなり、痛風の原因である血清尿酸値の上昇を、引き起こしやすくなります。

それとビールのプリン体は、一般の食物より体内に吸収される率が高くなります。

そこで体内でアルコールが分解される際に尿酸を作るのですが、プリン体はその尿酸がおしっことして排泄されるのを、阻害する働きがあります。

よってプリン体は、血清尿酸値を上昇させやすいことがわかっていますね。

なんでも過ぎたら、毒になるということです。

毎日飲むビールと脳の関係とは?その時脳に何が起きているのか?!まとめ

お風呂上がりのビールの一杯ほど、美味しいものはない。

一気にコップ半分は、飲んでしまうのではないかしらん。

でも私は、コップ一杯以上は決して飲むことはありません。

自分の体のことをよく知っているから、それ以上飲むと大変なことになります。

だから美味しさMAXのところでやめることができます。

そしていつの間にか眠りにつきます。

次の朝は快適な一日になりますね。

ビール好きな人にはわかるだろうか。

わからないだろうなぁ。

でもやはりビールは、美味しいところでやめましょう。

からだにとって害になってしまったら、元もこうもない。

それにもまして、年齢とともに衰えていく肌のたるみ、ハリ感は何もしなかったら確実にあなたに襲いかかってきます。

お酒はほどほどに。