全国高校野球大会第9日目の17日、大阪桐蔭は2回戦で智弁和歌山(和歌山)と対戦し、2-1で競り勝ちました。

安打数では相手を下回ったが、先発したエース徳山壮麿投手の粘り強い投球と堅守でしのぎきりました。

徳山投手は再三ピンチを迎えるが、動じることもなく粘り強い投球で切り抜け、勝利を呼び込んでいます。

あっぱれ!!

出典:読売新聞8月18日朝刊より

 

甲子園全国高校野球9日目2回戦結果報告

▷ 第9日(17日)2回戦

広陵冷静 強打封じ!平元8回1失点

広 陵(広島)000100203  6

秀岳館(熊本)000010000  1

広陵が快勝。

七回に平元のスクイズが内野安打となって勝ち越し、九回に中村の3ランで試合を決めた。

平元は8回1失点。

秀岳館は五回の幸地のソロで追いついたが、その後は三塁を踏めずに終わった。

大阪桐蔭 競り勝つ! エース徳山1失点完投

智弁和歌山(和歌山)000100000  1

大阪桐蔭  (大阪)10000010×  2

大阪桐蔭が競り勝った。

一回に根尾が先制適時打。

同点の七回に暴投で勝ち越した。

徳山は1失点完投。

智弁和歌山は相手を上回る12安打としたが、四回に冨田の適時打で上げた1点にとどまった。

仙台育英 窮地で好捕!日本文理・稲垣力及ばず敗退

日本文理(新潟)000000000  0

仙台育英(宮城)01000000× 1

仙台育英は二回、左前打で出塁した杉山が内野ゴロで生還し、先制する。

先発の長谷川が、完封で逃げ切った。

日本文理は、何度も得点圏に走者を進めたが、再三の好守だったが得点できなかった。

速報!大阪桐蔭 迷わず生還!甲子園全国高校野球9日目2回戦 まとめ

各校の監督の言葉

広陵・中井監督

「試合前のノックを見て、久々に『負けた』と思ったほど相手は鍛えられていた。選手にはどんどん動くことを伝えたが、打撃や走塁、バントなど練習したことを出せた」

秀岳館・鍛治舎監督

「ポイントだった中村君に3安打も打たれているようでは完敗。2014年就任以来日本一を目指して来て、始めてこういう負け方をした」

大阪桐蔭・西谷監督

「安打数で負けていて苦しい試合だった。こういう展開は守り勝つしかない。ボクシングで例えるなら、ボディーはたくさん打たれたけど、倒れなかった。高嶋監督のチームはやはり粘り強かった」

智弁和歌山・高嶋監督

「四回に追いついた後の満塁の場面で代打を送るべきだった。そういう判断が鈍っている。年をとったらあかん。今度は大阪桐蔭をたたきます。たたかないと智弁和歌山の名が廃る」

仙台育英・佐々木監督

「ここまでの守り愛になるとは思っていなかったが、長谷川はピンチでも頼もしかった」

日本文理・大井監督

「いい投手に当たれば、打てないのは仕方がない。稲垣も相手投手に負けない、ベストピッチングを見せてくれた」