スポンサードリンク



人間、誰でも100%相性が合うという人はいません。

生理的に受け付けない人もいれば、嫌なことを言われて嫌いになった、ということは人生の中では多々あります。

それが教習所の教官となれば、一大事です。

教習所に通うだけでもストレスなのに、ましてや運転するときに嫌な教官に出会ったらとしたら、最悪です。

気になる人は、言われたことをいつまでも忘れず、腹立つものです。

そんなときの解決方法を教えます。

運転中に教官に言われた嫌なこと

まず運転する前の心がけとして、謙虚で素直な気持ちで取り組むことです。

はじめてですから、うまくできなくて当たり前。

失敗は序の口。

ただし、うがったものの見方、考え方をしないこと。

気に障ったことを言われたら、左から右へスーッと流し、無視することです。

難しいかもしれませんが、相手の嫌な言葉にいちいち反応しないこと。

とにかく教えられたことだけを頭に入れ、無事に教習所を卒業することのみ専念してください。

卒業したら、その教官とは会うことはないのですから。

諦めないで段階を一歩一歩踏んでいったら、必ず卒業することができますので、大丈夫です。

■ 教官とのよくある問題

  1. 操作等のミス、安全確認等のミスですぐ怒る教官
  2. 優しかった教官が急にきつくなった教官
  3. 教官の態度が横柄
  4. 教官の言葉が乱暴
  5. 質問しても教えてくれない教官
  6. 人間性を否定されるような言い方をする教官

■すぐ怒鳴る人への対処法

教官が怒鳴るという背景には、「ないがしろにされた(のような気がする)」「ルールを守らない(のように思えた)」などの理由があります。

そこには「怒鳴ることで相手に何かが伝えることができる」という、教官の思い込み、性格もありますので、気にしないことが大事です。

性格からくるようでしたら、あなた一人だけが怒鳴られるわけではないので、事故を起こさないための指導と思って受け流しましょう。

■優しかった教官が急にきつくなった教官への対処法

今まで優しかったのではなく、問題がなかったので、スムーズに穏やかに来ていただけです。

ところが、昨日より今日、今日より明日といった風に、しなければいけない項目が一つ一つ増えていくため、そのことにあなたがついていってないのではないかと思われます。

そこで教官の指示された事を素直に聞き、冷静になって聞いていれば、そのうちいろんな状況に慣れてきますよ。

教官が言ってることも理解できてくるし、車の操作やまわりの道路の状況、標識や標示のルールなど全てあなたの頭脳や動態が、一致してくるようになります。

今は頭で考えるよりは、慣れることの方が大事です。

慣れって強いですよ。

■教官の態度が横柄

あなたが未熟の間は、教官の態度は常に上から目線になっているかもしれません。

あのY教官は「厳しくて怖い」、Z教官は「 厳しく教えてもらって助かった」なんて、受け取る側によって人それぞれです。

自分の気持ちがナーバスになっていたら、どんな言葉をかけられてもマイナスにとるでしょうし、逆に調子がよかったら厳しい言葉でも、受け流すことができるというものです。

段階をクリアしていったら、もうこっちのもの、教官のハンコがもらえるように、プラス思考で行きましょう。

■教官の言葉が乱暴

どこの世界でも、言葉の乱暴な人っていますよね。

私が行ってた教習所には、みんなのそれぞれの意見を書いて、公開している掲示板がありましたね。

特に興味深かったのが、言葉の乱暴なA先生へのクレームでした。

はぁ-、こんな先生もいるんだと思い、当たったらどうしようなんて思いましたよ。

ある日、A先生に当たってしまい、かなり緊張してカチカチで運転したことを、覚えています。

その時、教習所内を運転したのですが、先生から「目が点になっている」といわれ、「えっ、目が点になってるってどこでわかるんですか?」と聞いてしまったのです。

後でわかったのですが、斜め下に運転者の目が反射できるように、鏡が設置してあったんですね。

その時は必死でしたので、鏡に気づきませんでした。

先生は最期に、「まわりをよく見て運転しなさい」といわれ、教官も相手に合わせて指導していることが、はじめてわかりましたね。

免許を取って公道に出れば、いろんな人に遭遇するわけですから、その場その場で冷静に判断して、危険運転に巻き込まれないよう、注意しなければなりませんね。

教習所内で起きたことは、すべてあなたに合った指導をしてもらってると、プラス思考で考えましょう。

スポンサードリンク



■質問しても教えてくれない教官

質問して答えてくれる先生もいれば、答えてくれない先生もいるでしょう。

ほとんどの先生は、質問しても答えない、もしくは答えられないのではないでしょうか。

なぜなら、ほとんどが運転中ですし、内容が体で体得することが多く、すぐに答えられないことが、多いことがあげられます。

なので、実習の中で自分で回答を見つけていきましょう。

■人間性を否定されるような言い方をする教官

人間一生懸命になると、それが高じて”過ぎる”場合があります。

言い換えれば、良かれと思って言いすぎたり、やりすぎたりしているんですよね。

もし否定的なことを言われたら、自分なりに肯定的に言い換えてみましょう。

そこから見えてくる、何かがあるはずです。

言ってる本人は、あなたのためと思って、言いすぎているのかもしれませんから。

自分自身の訓練にもなりますよ。

車校の教官と合わないor喧嘩した!そんなときの解決方法教えます まとめ

私が運転免許を取得した年齢は、ちょど50歳になったばかりでした。

年齢が高かったせいもあるのでしょうが、精神的な疲れと体力的な疲れで、かなりきつかったことを覚えています。

それに、たとえ運転免許を取得したとしても、すぐに乗れないだろうから、取得しても無駄になるのではと、老い先短い人生を考えましたね。

ですが、合宿でお金も支払っているし、ここで後戻りするわけにもいかず、我慢に我慢をし何とか卒業しました。

生まれてはじめてハンドルを握ったときは、ちょっとカーブに差し掛かっただけで、それはそれは怖かったですよ。

ハンドルがブレてブレてぶつかるんではないかと、足が震えて恐怖でたまらなかったですね。

まるで車の先端に刃物をかざして、私自身が振り回しているかのような気になったものです。

ときに自動車は“走る凶器”と言われますが、まさにその通りだと思いました。

教官からは、「その年齢で、しかも運転免許を取る必要性もないのに・・・」といわれたけど、そんな言葉にも解さなかったですね。

言ってみれば、自分のことで精一杯で、気にする場合ではありませんでしたから。

主婦にとっては安いお金ではなかったので、なんとしてでも”仮免”を持って帰らなければという思いだけでしたから。

だから少々きつい言葉を投げかけられても、そんなこと「一々気にしてられないよ」と、いった気分でした。

なので、教官からひどい言葉を浴びせられたとしても、いずれは離れるのですから、ましてや教習所を修了するとその人とはバイバイなのですから、気にしないことですね。

仮免許取ったら、あとの人間関係なんてどうでもいい、そう思うとかなり楽ですよ。

頑張っていきましょう!

スポンサードリンク