今、高校駅伝の一部強豪校が貧血治療用の鉄剤を、不適切に使用していたことが、問題になっていますよね。

鉄剤といえば私が20代のころ、貧血気味でふわーっとなって倒れ込んでいた時期がありました。

近くの内科で見てもらったことがあるのですが、まず目の瞼をひっくり返して、白いかどうかを確認して検査をしていたことを、覚えていますね。

その時は、薬を処方してもらったのではないかなと思います。

このように貧血治療用の鉄を、健康と思える高校生に安易に注射で補うということが、私には考えられないことでもあります。

そこでこの鉄剤注射が、どのように体に影響があるのか調べましたので、述べたいと思います。

スポンサードリンク



高校駅伝の一部強豪校による鉄剤摂取の問題

鉄剤注射とは

鉄剤注射は、酸素を運ぶ効率を高めつ血中のたんぱく質「ヘモグロビン」を増やし、持久力を高める効果があるといいます。

そのため一部の高校では貧血治療の名目で、使用されているということです。

鉄の一日当たりの食事摂取上限量(mg)

では普段の一日に摂らなければならない摂取量はどれぐらいか、表にしてみました。

厚生労働省が示す一日当たりの鉄の食事摂取上限量

年齢
10~11歳 35 35
12~14歳 50 50
15~17歳 50 40
18~29歳 50 40
30~49歳 55 40
50~69歳 50 40
70歳以上 50 40

 

上記の数字を見ても、私にはピーンと来ませんが、これ以上取ると体に悪影響を与える可能性があるということです。

女子は特に思春期になると、月経というものがあります。

中学生や高校生は、成人女子のように体が成熟していませんので、いろんな機能が定まっていません。

私もそうでしたが、その月の月経の量が多い時などは、ふわ~っと倒れ込むときが多かったですね。

私の例と関係ないかもしれませんが、人の体は千差万別です。

特に若者の体は、これからどんどん変化していきます。

鉄剤注射の弊害は?

厚生労働省は1日の食事による鉄分摂取量は、上記の表でわかるように上限を設定しています。

これ以上取ると体に悪影響を及ぼす可能性があるということです。

では鉄剤注射は現状では、どのようになっているでしょうか。

高校駅伝では、禁止物質、禁止方法に該当されていません。

なので、ドーピングには該当しないということです。

世界反ドーピング機関で指定されるには、競技力を高める科学的根拠の要件を、満たしていなければいけません。

鉄剤注射はそれに当てはまらないということです。

しかし、陸連は「健康への悪影響は見逃せない」としています。

鉄剤注射への今後の対策指針

■日本陸連「アスリートの貧血対処7か条」

  1. 食事で適切に鉄分を摂取すること
  2. 鉄分の取りすぎに注意すること
  3. 定期的な血液検査で状態を確認すること
  4. 疲れやすい、動けないなどの症状は医師に相談すること
  5. 貧血治療は医師と共に行うこと
  6. 治療と共に原因を検索すること
  7. 安易な鉄剤注射は体調悪化の元と認識すること

■対策は?

鉄剤注射は、一定の競技力向上の効果がある一方、ドーピングにはならないようだ。

しかし、「グレーゾーン」として認知されている行為だということです。

ある高校駅伝の一部強豪校の監督は、10年前ほどから選手に鉄剤注射を売っていたということです。

「ライバル校が鉄剤注射をするなら、自分たちも打たなければ・・・」という感覚だったと振り返っています。

禁止されていなければ打つ方がいい、という意識はあります。

そこで貧血治療という名目で、一部強豪校の間で続けられています。

しかし、陸連は今月「このままでは、選手が犠牲になってしまう」として、来年の全国高校駅伝大会から、選手の血液検査の結果の報告を求める方針を固めた。

そこで、貧血治療名目の鉄剤注射の使用を、原則禁止とする方針を発表しました。

また都道府県ごとの独自の対策も、広がっています。

全国高校駅伝大会の会場としても有名の京都府では、府医師会が鉄剤注射を打たないよう、府内の医師に通達を出したということです。

そして改革に期待する声は、各校の選手を指導する監督に伝えられたということです。

スポンサードリンク



まとめ

鉄剤注射の使用は、女子に限られたことではないということ。

西日本の男子学生によると、約5年前を思い出して胸が痛むと語っていたそうです。

当時高校1年生だった彼は、「とにかく打ってください」と困惑する医師に、コーチは迫っていた。

その高校生はコーチが怖くて、言われるがまま自分も頭を下げ「打ってください」と、言わざるを得なかったといってたそうです。

そんなバカな!

伸び盛りな若者に、勝ちたいばかりにムチャなことをして、それで体に影響していたらどうにもならないですよね。

高校生は長~い人生の中で、出発点に値します。

人の手による鉄剤注射がいかに良くないかぐらいは、わかりそうなものですよ。

とにかく即、禁止にするべきですね。

禁止することにより、自然に食事でバランスよく補い、その上での勝利を獲得しましょうよ。

スポンサードリンク